東京・神奈川から熱海方面への行き方

スポンサーリンク

東名→小田原厚木→西湘バイパス→真鴨新道→熱海ビーチライン

東京駅から熱海駅まで新幹線で48分、
神奈川県との静岡県側の境界になる静岡県熱海市。

都内からの旅行先としてちょうどいい熱海まで、
東京から車で行く場合の最速ルートは、
東名高速 → 小田原厚木道路 → 西湘バイパス → 真鴨新道 → 熱海ビーチライン
になるかと思います。
渋滞がなければ1時間半ほどでしょうか。

平日昼間の移動なら、 東名東京I.C.から東名高速に乗って厚木I.C.までスムーズに流れていれば約30分、

厚木I.C.から小田原厚木有料道路で終点の小田原西I.C.まで、
西湘バイパスで石橋ICまでが30分弱。

熱海まで国道135号線の一般道を行って1時間程度、もしくは真鴨新道 → 熱海ビーチラインの有料道路を利用すれば30分程度で熱海の入口まで行けます。

途中で若干混むことが考えられるのは湯河原付近。

スポンサーリンク

休憩場所に良いSA

休憩場所は平日なら新しくてきれいな海老名S.A.が良いです。

有料道路を使わないで行く場合

時間に余裕があり、
とにかく費用を抑えたい場合や深夜出発なので、
有料道路を使わずにすべて下道構わないという場合、

有料道路回避ルートでも距離はほぼ変わらず、
東京 ⇔ 熱海間は105km程度です。

ただ、ルートや目的地にもよりますが西湘バイパスに無料区間があり、
一部有料区間を使ったとしても普通車で260円~470円ほどなので、
組み込んだ方が時間と快適性の面でロスが少ないかと思います。

西湘バイパスの無料区間

神奈川県中郡大磯町から小田原市を結ぶ西湘バイパスは、
4車線の本線20.8 km + 2車線の石橋支線1.9kmの湘南海岸沿いの国道1号のバイパスで無料区間もあります。
無料区間活用の際には料金所と出入り口の位置関係の都合で、
上り、下りで使用I.C.が異なります。

※なお、小田原厚木道路と西湘バイパスは自動車専用道路なので、
125cc以下のスクーターは通れませんので二輪車の場合は気を付けましょう。

熱海方面(下り無料区間)

(大磯西IC出口.←大磯港I.C.←大磯東I.C.)
135号線、大磯東から入り大磯西・二宮I.C.まで
※ 有料区間は『 西湘二宮インターより西』だが、
西湘二宮インターには下り出口がないので、
下り線は実質的に大磯西インターから先が有料区間になる。

東京(大磯)方面(上り無料区間 )

(橘I.C. → 大磯港I.C. → 大磯東I.C.)
国道1号線から橘I.C.に入り大磯東まで
上り線料金所が橘 ICの出口分岐手前にあるため
橘インター入口では料金徴収が発生しない。

終点までで普通車470円軽自動車等370円

通行区間によって無料~最高2回、
各料金所通過時に料金徴収があります。
国府津料金所に関しては、
料金所が出口と入口にあるので本線走行中に通過はしません。
国府津インターを使用しない場合には料金徴収されません。

節約できる時間と料金の観点から、
区間によってコスパがだいぶ変わるので、
混雑状況などによってルートを変えると賢く使えます。

本線走行時に通過する料金所は2つ

料金所は全部で3つ、
そのうち真ん中に位置する国府津料金所は本線上ではありませんので、
国府津ICから入る/出る場合のみ徴収されます。

【橘料金所】  小田原市前川、橘IC付近
橘ICは下り線には入口も出口もありませんが、
上り線は入口/出口があり、
料金所は本線上のインター出口分岐手前、入口合流手前にあるため
橘IC入口から入る場合には料金所を通過しないので料金徴収が発生しない。
【国府津料金所】 小田原市国府津、国府津ICの下り線入口 /上り線出口
【石橋料金所】  小田原市早川、石橋支線南端

西湘バイパス 料金所・車種別料金表

※自動二輪は軽自動車料金 となります。

税込 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車
210 260 310410720
国府津110160210260410
石橋160 210
260
360570

利用距離に対して料金格差が大きい区間

早川JCTから始まる有料区間の石橋支線は1.9キロしかなく、
この区間を削ればコスパがかなり上がります。

石橋料金所を回避するために、
その手前の早川IC ⇔ 石橋料金所出口までを、
一般道135号線で走行した場合でも、
距離:2~3キロ、5分程度の走行となり、
大差ありません。。

その他の区間も含めて以下、普通車料金での区間比較

~ 下り ~

大磯本線→箱根口IC 260円【 通過料金所:橘 260円】
大磯本線→早川IC  260円【 通過料金所:橘 260円】
大磯本線→石橋IC  470円【 通過料金所:橘 260円 + 石橋 210円 】
小田原西IC→早川IC  0円【 通過料金所なし 】
小田原西IC→石橋IC 210円【 通過料金所:石橋 210円 】

石橋支線は1.9キロしか走行せず、
結局は135号線への合流で混み合っているので、
個人的には箱根口IC方面に行かない場合でも、
手前の早川ICで降りて135号線を走行した方が、
体感的な面も含めて総合的には良いのではないかと思っています。
西湘バイパスを使うことで節約できる時間は、
せいぜい数分なのではないかと思っています。

~ 上り ~

酒匂IC→大磯西IC  260円【 通過料金所: 橘 260円 】
橘IC→大磯本線      0円 【 料金所通過なし 】
橘料金所に絡む区間は酒匂ICと橘IC間がそこまで離れていないので、
橘ICから入った方が コスパが良いです。


早川IC→国府津IC  160円【 通過料金所: 国府津 160円 】
短距離なのでこのくらいの距離だけの利用なら一般道でもあまり変わりません。

石橋IC→橘IC    470円【 通過料金所:石橋 210円 + 橘 260円 】
石橋IC→国府津IC  370円【 通過料金所:石橋 210円 + 国府津 160円 】
国府津 ⇔ 橘 間は距離が短いので状況によって国府津料金所で降りる判断をしても良いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました